バーチャル・リアリティを使った観光名所

バーチャル・リアリティを使った観光名所など話題になってますよね。

バーチャル・リアリティでアウシュビッツ収容所などが再現されたりして、昔の出来事をリアルに感じることができるという試みがおおなわれているみたいですね。

ナチス・ドイツ(Nazi)の戦犯を追跡するドイツ警察や検察当局は自分で、3Dで正確に再現されたアウシュビッツ強制収容所に身を置く体験ができるようになっているみたいですね。

ほかにも観光アプリで福岡城をVR体験できる試みが日本では行われているみたいですね。

スマートフォンやタブレット端末をかざすと福岡城や鴻臚館の当時の姿を見ることができるということで、観光の幅がどんどん広がっているように感じますね

個人的にはこういった個人のスマートフォンやタブレット端末でも利用できるアプリを活用するという試みは非常におもしろいと感じています。

こういった史跡VRについては江戸城、和歌山城、高松城なども利用できるみたいで、これからさらに色々な場所で試みが試せることになりそうですね。

やはりスマホで手軽に試せるというのが一つのポイントになってくるのかもしれないですね。

それにしてもいつのまにかずいぶんとバーチャル・リアリティが活用されるようになっていますね。https://saimuseirikanekiti.com/

VRアトラクションで手軽にアミューズメント

VRアトラクションで手軽にアミューズメントが楽しめるという試みはすでに行われているみたいですね。

グリーと首都圏を中心に総合エンターテインメント事業を展開するアドアーズがこのVRアトラクションで提携しており、これから開発が進むみたいですね。

オリジナルのVRゲームアトラクションなら大きな施設が必要ないので、安い価格でアトラクションを作ることができるので、異業種からの参入もありえるかもしれないですね。

実際に他の企業でもVR関連技術を活用した新しいサービスやエンターテインメントの開発を模索しているみたいで、早めにVR機器が広まればその機器に対応した商品がどんどん出てくる可能性があります。

将来的にはアトラクションを体験するために遊園地に行くのではなく、アトラクションのソフトを購入するという時代になってくるかもしれないですね。

実際に渋谷でに常設型のVR専門店舗を開設するみたいなので、これからどのようなアトラクションが出てくるのか楽しみなところではないでしょうか。

現在のところではスマホが一番手軽に楽しめるVR機器ですが、これをさらに進化させたVR専門のディスプレイが早く出て欲しいところですね。

中長期的には、上記VR専門店舗で開発したVRソフト等の国内および海外におけるライセンス販売なども行うみたいなので、世界的に楽しめる時代になってくるかもしれないですね。出会い系サイト