野球の試合を360度VRで生放送

野球の試合が球場正面PVエリアで360度VR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミング映像の体験できるイベントがおこなわれたみたいですね。

こういったスポーツでのVR(バーチャルリアリティ)の活用は非常に相性がいいといわれていたので、かなり興味のある人も多いのではないでしょうか。

実際にVR(バーチャルリアリティ)をスポーツ界で行うと明らかにテレビで見るのとでは迫力が違うので盛り上がりそうですよね。

今回の試合では特殊ゴーグルを使えば、空も、グラウンドも打席もベンチも見渡せる360度カメラを使用しており、さらに注目されるのが生放送ということです。

というか生放送でVR(バーチャルリアリティ)を伝えられるのはちょっとびっくりですよね。

これから2020年の東京五輪では普通に360度VR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミング映像が使われることになるのではないでしょうか?

そうなると2020年の東京五輪に合わせて360度VR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミング映像が楽しめる映像機器が爆発的に売れることになりそうですね。

ある意味では東京五輪は360度VR(バーチャルリアリティ)を広めるための一つのきっかけになるかもしれないですね。不妊治療