バーチャル・リアリティを使った観光名所

バーチャル・リアリティを使った観光名所など話題になってますよね。

バーチャル・リアリティでアウシュビッツ収容所などが再現されたりして、昔の出来事をリアルに感じることができるという試みがおおなわれているみたいですね。

ナチス・ドイツ(Nazi)の戦犯を追跡するドイツ警察や検察当局は自分で、3Dで正確に再現されたアウシュビッツ強制収容所に身を置く体験ができるようになっているみたいですね。

ほかにも観光アプリで福岡城をVR体験できる試みが日本では行われているみたいですね。

スマートフォンやタブレット端末をかざすと福岡城や鴻臚館の当時の姿を見ることができるということで、観光の幅がどんどん広がっているように感じますね

個人的にはこういった個人のスマートフォンやタブレット端末でも利用できるアプリを活用するという試みは非常におもしろいと感じています。

こういった史跡VRについては江戸城、和歌山城、高松城なども利用できるみたいで、これからさらに色々な場所で試みが試せることになりそうですね。

やはりスマホで手軽に試せるというのが一つのポイントになってくるのかもしれないですね。

それにしてもいつのまにかずいぶんとバーチャル・リアリティが活用されるようになっていますね。https://saimuseirikanekiti.com/