バーチャル・リアリティを使ったバッティングセンター

最近興味が沸いているのがバーチャル・リアリティを使ったバッティングセンターというものです。

プロ野球球団が監修したシステムみたいで、バーチャルリアリティー(仮想現実)技術を用いたプロ野球選手のトレーニングシステムになっているみたいです。

こういったものが出てきているのにちょっとびっくりですね。もしかしたら野球ゲームもバーチャルリアリティーで楽しむ時代になるかもしれないですね。

スポーツ業界では野球が特にバーチャルリアリティーの活用が目覚しいように感じます。野球はバーチャルリアリティーを使った生中継なども行っており、バーチャルリアリティーを使ってファンとサッカーから取り戻そうという意気込みを感じますね。

今回のVR技術を用いて、打者が投手の投げるボールを仮想体験は試合でのパフォーマンス向上を目指す「プロ野球選手向けトレーニングシステム」になっていますが、これが一般にも活用されれば、手軽にプロの球を安全に体験できるということも可能になるかもしれないですね。

今回は野球の事例ですが、お金がありそうなスポーツはこれからこういったバーチャルリアリティーを利用したものが増えていく可能性がありそうですね。

もしかしたら将来は子どもがバーチャルリアリティーで野球の練習をする時代になるかもしれないですね。多汗症