野球の試合を360度VRで生放送

野球の試合が球場正面PVエリアで360度VR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミング映像の体験できるイベントがおこなわれたみたいですね。

こういったスポーツでのVR(バーチャルリアリティ)の活用は非常に相性がいいといわれていたので、かなり興味のある人も多いのではないでしょうか。

実際にVR(バーチャルリアリティ)をスポーツ界で行うと明らかにテレビで見るのとでは迫力が違うので盛り上がりそうですよね。

今回の試合では特殊ゴーグルを使えば、空も、グラウンドも打席もベンチも見渡せる360度カメラを使用しており、さらに注目されるのが生放送ということです。

というか生放送でVR(バーチャルリアリティ)を伝えられるのはちょっとびっくりですよね。

これから2020年の東京五輪では普通に360度VR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミング映像が使われることになるのではないでしょうか?

そうなると2020年の東京五輪に合わせて360度VR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミング映像が楽しめる映像機器が爆発的に売れることになりそうですね。

ある意味では東京五輪は360度VR(バーチャルリアリティ)を広めるための一つのきっかけになるかもしれないですね。不妊治療

バーチャル・リアリティを使ったバッティングセンター

最近興味が沸いているのがバーチャル・リアリティを使ったバッティングセンターというものです。

プロ野球球団が監修したシステムみたいで、バーチャルリアリティー(仮想現実)技術を用いたプロ野球選手のトレーニングシステムになっているみたいです。

こういったものが出てきているのにちょっとびっくりですね。もしかしたら野球ゲームもバーチャルリアリティーで楽しむ時代になるかもしれないですね。

スポーツ業界では野球が特にバーチャルリアリティーの活用が目覚しいように感じます。野球はバーチャルリアリティーを使った生中継なども行っており、バーチャルリアリティーを使ってファンとサッカーから取り戻そうという意気込みを感じますね。

今回のVR技術を用いて、打者が投手の投げるボールを仮想体験は試合でのパフォーマンス向上を目指す「プロ野球選手向けトレーニングシステム」になっていますが、これが一般にも活用されれば、手軽にプロの球を安全に体験できるということも可能になるかもしれないですね。

今回は野球の事例ですが、お金がありそうなスポーツはこれからこういったバーチャルリアリティーを利用したものが増えていく可能性がありそうですね。

もしかしたら将来は子どもがバーチャルリアリティーで野球の練習をする時代になるかもしれないですね。多汗症

3D動画VRカメラでバーチャル旅行

バーチャル旅行って映画でこういった話がありましたよね。こういったバーチャル旅行が自分が生きている時代で完成すると思っている人は少なかったのではないでしょうか。

ただ3D動画VRカメラを利用することによってそれが現実になりそうだという話があります。

このポータブルVRカメラを使うことによって、誰もが行けなかった場所までバーチャル旅行できるようになるということみたいですね。ポータブルVRカメラはルーシッドキャムというもので、180度視野角の立体(3D)動画を撮影することできるということみたいですね。

360度視野も可能なようですが、人間の美的感覚を重視してあえて180度にしているみたいです。また180度に押さえることによってカメラをポケットに入れて持ち運べる小型サイズにすることが可能にしているようです。

というかこうった3D動画VRカメラがポケットにはいるような時代になっているというのが驚きですよね。

ちょっと前までは考えられなかったことだと思います。いつの間にかここまで進化したのかとちょっとびっくりです。

これから旅行のビデオは3D動画VRカメラで撮影するという時代が来るかもしれないですね。

そうなると旅行のビデオを見て振り返るような機会が増えるかも知れないですね。完全母乳育児

東京ゲームショウでVR体験できるゲームが出品

日本最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」が行われて、VR(バーチャルリアリティ=仮想現実)が体験できるゲームが数々出品されたようですね。

カプコンの人気ソフト「バイオハザード」の最新版や、バンダイナムコの「サマーレッスン」は、目の前に本物の女子高生が歩いているかのような錯覚を感じるゲームなど色々発売されたようです。

こういったゲームは『プレイステーション(PS)4』向けのゴーグル型端末を装着することによって得られるということで、最新のVR機器に対応した100以上のタイトルを楽しむゲームファンの姿があったとみたいですね。

それにしても100タイトル以上もVR(バーチャルリアリティ=仮想現実)に対応したゲームが出ているんですね。それだけのタイトルがあったら『プレイステーション(PS)4』向けのゴーグル型端末も売れそうですよね。

とは言ってもこういった『プレイステーション(PS)4』向けのゴーグル型端末を広げるためには人気タイトル作品の発売が不可欠になってくるんですよね。

私の場合はプレイステーション(PS)4を購入するのに、ペルソナ5やFFの新作を目的に購入しているので、どれだけ魅力的なタイトルが出てくるかが一つのポイントだと考えています。

東京ゲームショウ2017ではどのような状況になっているのか今から非常に楽しみですね。ただ個人的には引きこもりが加速しそうでちょっと心配です。精力剤

小型軽量のVRディスプレイで手軽にバーチャル・リアリティ

小型軽量のVRディスプレイで手軽にバーチャル・リアリティを楽しみたいという人も多いのではないででしょうか。

やはりゲームのヘビーユーザーなら超軽量のVRディスプレイで長時間ゲームを快適に楽しみたいと考える人も多いのではないでしょうか。

性能が良いディスプレイでも重かったら長時間利用することができないので、使いにくくなってしまいます。またサイズが大きくて重いと、夢中でゲームしている間にずり落ちてくるということも十分に考えることができます。

それにしてもゲームショウでは色々なVRが出ていましたよね。その中でも軽量のVRディスプレイの軽さは非常に魅力的ですよね。

あとはサイズが日本人向けかというのも大事になってくると思います。これから軽量のVRのゲームタイトルも大事ですが、VRディスプレイにも注目していきたいところですね。

自分に合ったVRディスプレイで快適にゲームができるような環境が早く出来て欲しいところです。

さしあたってはソニーのプレステVRがどうなるかという感じでしょうかね。まあ、ソニーは日本の会社なので、しっかりと日本人向けのVRを作ってくると思いますが、どれくらいのクオリティになるのか気になるところです。薄毛改善方法

バーチャル・リアリティを使った観光名所

バーチャル・リアリティを使った観光名所など話題になってますよね。

バーチャル・リアリティでアウシュビッツ収容所などが再現されたりして、昔の出来事をリアルに感じることができるという試みがおおなわれているみたいですね。

ナチス・ドイツ(Nazi)の戦犯を追跡するドイツ警察や検察当局は自分で、3Dで正確に再現されたアウシュビッツ強制収容所に身を置く体験ができるようになっているみたいですね。

ほかにも観光アプリで福岡城をVR体験できる試みが日本では行われているみたいですね。

スマートフォンやタブレット端末をかざすと福岡城や鴻臚館の当時の姿を見ることができるということで、観光の幅がどんどん広がっているように感じますね

個人的にはこういった個人のスマートフォンやタブレット端末でも利用できるアプリを活用するという試みは非常におもしろいと感じています。

こういった史跡VRについては江戸城、和歌山城、高松城なども利用できるみたいで、これからさらに色々な場所で試みが試せることになりそうですね。

やはりスマホで手軽に試せるというのが一つのポイントになってくるのかもしれないですね。

それにしてもいつのまにかずいぶんとバーチャル・リアリティが活用されるようになっていますね。https://saimuseirikanekiti.com/

VRアトラクションで手軽にアミューズメント

VRアトラクションで手軽にアミューズメントが楽しめるという試みはすでに行われているみたいですね。

グリーと首都圏を中心に総合エンターテインメント事業を展開するアドアーズがこのVRアトラクションで提携しており、これから開発が進むみたいですね。

オリジナルのVRゲームアトラクションなら大きな施設が必要ないので、安い価格でアトラクションを作ることができるので、異業種からの参入もありえるかもしれないですね。

実際に他の企業でもVR関連技術を活用した新しいサービスやエンターテインメントの開発を模索しているみたいで、早めにVR機器が広まればその機器に対応した商品がどんどん出てくる可能性があります。

将来的にはアトラクションを体験するために遊園地に行くのではなく、アトラクションのソフトを購入するという時代になってくるかもしれないですね。

実際に渋谷でに常設型のVR専門店舗を開設するみたいなので、これからどのようなアトラクションが出てくるのか楽しみなところではないでしょうか。

現在のところではスマホが一番手軽に楽しめるVR機器ですが、これをさらに進化させたVR専門のディスプレイが早く出て欲しいところですね。

中長期的には、上記VR専門店舗で開発したVRソフト等の国内および海外におけるライセンス販売なども行うみたいなので、世界的に楽しめる時代になってくるかもしれないですね。出会い系サイト